正面玄関扉の修理工事

扉のヒンジ(NS H-1300)の油漏れのため正面右側の扉が急激に閉じる不具合が生じました。

このまま放置すると居住者や宅配業者が扉に激突され怪我をしたり、扉のストッパーが破壊される危険がありました。

 

そこで、正面右側の扉を急遽使用禁止とし、正面左側の扉のみ使用して頂く対応をとりました。

その後、2019年5月7日に管理組合現場立会いの下左右両扉共に修理工事(ヒンジの交換・調整)を行い、スムーズで安全に人の出入りが可能となりました。